障害年金とは

障害年金とは、病気やけがにより障害の状態になったとき、生活を支えるものとして支給される公的年金です。障害年金を受けられるのは、公的年金に加入し、一定の保険料納付要件を満たし、かつ、一定の基準の障害の状態のある方です。具体的には、障害の認定は、その原因となった病気やけがで最初に医療機関に行った日(初診日と言います)を特定し、その1年6か月後の障害状態で判断されます。また、初診日よりも前に年金保険料を一定期間納めていることが条件となります。障害年金を受けるには年金の請求手続きが必要ですが、手続きが複雑なため専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

「障害年金とは」の関連記事はこちら