代表メッセージ

事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

障害年金を専門に取り組んでいる社会保険労務士の山口秀和と申します。

 

当事務所では、病気やけがにより障害年金を必要としている方の生活上の心配を少しでも減らすためのお手伝いができたらとの想いで、障害年金専門のホームページを開設し積極的に告知活動も行っています。また、各地で障害年金に取り組んでおられる社会保険労務士と、常に情報交換し事例の研究にも取り組んでいます。

 

年金というと高齢者をイメージされる方が多いのではないかと思いますが、障害年金は、老齢年金を受けるまでの現役の方が病気やけがにより、一定の条件を満たした場合に受けることができる年金で、老齢年金・遺族年金と同じく国の公的な年金制度です。

障害年金は、病気やけがによる眼や耳、手足などの障害だけでなく、うつ病などの精神疾患や様々な病気で生活や仕事が制限されるようになったときに、生活の支えになる年金です。

ある日突然に病気やけがによって働けなくなったり、日常生活に支障がでることは誰にでも起こりうる身近な問題です。そういう時のための障害年金ですが、まだまだ知られていないこともあり、本来であれば受け取る権利があるにもかかわらず、受給に至っていない方もおられます。

相談をお受けしていると、障害年金について、「自分は請求できないと最初からあきらめていた」、「どこに相談していいかわからなかった」、「障害年金というものを知らなかった」とおっしゃる方が大変多く見うけられます。

また、何人もの方から「自分が病気やけがで、こんなことになるとは思ってもみなかった」とお聞きしています。

病気やけがでその立場になってみないと、なかなかその辛さに考えが及ばないものですが、当事務所では相談される方の立場に少しでも近づけるよう、常に心掛けています。

 身近に相談できるような詳しい専門家がいなくてお困りの方、ご自身で調べてみたけれどもよく分からずあきらめた方、体調の優れないご本人に代わって何とかしたいとお考えのご家族の方、ぜひ一人で悩まずお気軽にご相談ください。

「代表メッセージ」の関連記事はこちら