統合失調症で、ご本人が更新手続きしたが支給停止された事例

傷病名:統合失調症

相談時の状況

10年以上前から障害年金を受給していて、何度も更新を重ねていましたが、今回の更新で支給を停止され驚いて何とかしてほしいと、相談を受けました。

詳しくお伺いすると、長年診察して頂いた医師が定年で退職されることになり、別の病院を紹介されたそうです。やむなく転院して更新時には新しい病院で診断書を作成して頂き提出したとの事でした。

当事務所の見解

相談をお受けしたときは提出した診断書も過去の診断書も手元に控がなかったため、情報開示請求ですべて取り寄せ診断書の内容を確認しました。すると、病状は特に改善しているとはとても思えないのに、これまでの診断書と今回の診断書は大きく違っていました。

病院を変わると、診断書の内容が変わることが良くありますので、更新の時は特に注意が必要です。病状に変化がないのであれば、必ず前の診断書と比較しご自分の病状で納得のいく診断書かどうか確認することが大切です。

そのため、提出する書類は全てコピーを取り保存しておくことをお勧めします。

ご本人だけでは難しい場合もありますので、専門家である社労士にご相談いただいた方が近道だと思います。
当事務所では、出張無料相談も実施していますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

現在の年齢 (必須)

体調が悪くなり始めたのはいつ頃ですか? (必須)

体調が悪くなり始めた時期に加入していた年金の種類は? (必須)

傷病名 (必須)

具体的な症状 (必須)

お住まい (必須)【記入例】埼玉県所沢市、東京都立川市

メールアドレス (必須)

ご連絡可能な電話番号 (必須)

※病状などをお伺いする場合がございますので、ご連絡が可能な電話番号をご記載下さい。
こちらからは固定電話番号よりおかけいたします。

メールの設定でドメイン拒否(迷惑メール拒否などのためPCからのメール拒否等)
してありますと受信が出来ません。【tokorozawa.tama@gmail.com】のドメインが
受信できるように、メールの指定受信設定の変更をお願いします。

ご相談事例の関連記事はこちら