障害年金は、5年前までさかのぼって受け取れるのですか?

質問

障害年金は、5年前までさかのぼって受け取れるのですか?

答え

初めて医師の診療を受けた日から1年6か月経過後の診断書が提出可能であって、その内容が障害等級に該当すれば、さかのぼって受け取ることができます。

ただし、請求した時から5年より前の分は、時効により支給されません。
また、診断書については、請求するときから5年前の時点の診断書ではありませんのでご注意ください。

 

さかのぼって請求するためには、主に次の証明書類が必要です。

・初診日(初めて医師の診療を受けた日)の証明書
・認定日(初診日から1年6か月経過後)の診断書
・請求日現在の診断書(認定日から1年以上経過している場合のみ)

なお、初診日と認定日の医療機関が同じであれば、初診日の証明書は不要です。

 

当事務所で過去に扱った事例もございます。
是非御覧ください。

実際に過去に遡って受給決定した事例はこちらから
障害等級に該当するかどうか判断することは、ご本人だけでは難しい場合もありますので、専門家である社労士にご相談いただいた方が近道です。
当事務所では、出張無料相談も実施していますので、お気軽にご相談ください。

【簡単】1分間無料判定

障害年金は多くの方がもらえる可能性がある年金です!
ここではご自身が障害年金をもらえるかどうか簡単な診断を行えます!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お住まい (必須)【記入例】埼玉県所沢市、東京都立川市

    1.あなたは20歳以上65歳未満ですか?(必須)
    はいいいえ

    2.傷病名を教えて下さい(必須)

    3.具合の悪さが原因で日常生活や働くことへの支障がありますか?(必須)
    はいいいえ

    4.専門家からの無料個別アドバイスを希望しますか?
    あなたのケースに沿ったアドバイスをします!(必須)

    はいいいえ

    4番にて「はい」とお答えの方はご連絡先をご記入願います

    連絡がつきやすい時間帯を教えて下さい 例:平日18時以降

    メールの設定でドメイン拒否(迷惑メール拒否などのためPCからのメール拒否等)
    してありますと受信が出来ません。【tokorozawa.tama@gmail.com】のドメインが
    受信できるように、メールの指定受信設定の変更をお願いします。

     

    障害年金Q&Aの関連記事はこちら