【大腿骨頚部骨折】入院中に障害年金のことを知り、相談を受けた例

傷病名:大腿骨頚部骨折

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

永久認定のため、1年間の受給額: 約77万円

相談時の状況

大腿骨頚部を骨折して病院に搬送されて、すぐに人工股関節の手術となりました。リハビリで少し動けるようになった頃、病院の看護師さんから障害年金の制度があることを聞いたということで、相談を受けました。

 

受任から受給までのサポート

仕事中のけがであったため、労災の申請をされたか確認したうえで、手続きを進めました。診断書は医師のご協力もあって記入漏れの加筆等もほとんど郵送のやり取りで完了し、スムーズに提出できました。現在、リハビリを終えて体を慣らしながら徐々に仕事に復帰されているそうです。

お知らせの関連記事はこちら

骨折肢体障害の関連記事はこちら

平日8:00〜22:00
土日祝日応相談
042-495-5220

障害年金相談票ダウンロード

  • 相談票PDF
  • 相談票Word