【解離性障害】自分で請求したが不支給となって相談を受けた例

傷病名:解離性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級

支給月から次回更新月までの2年間の総受給額:約200万円

相談時の状況

ご自分でご家族や年金事務所に相談しながら書類を作成して手続きをしたものの不支給となったため、何とかならないものかと悩み、ご相談に来られました。

すでに審査請求の期限を過ぎていて不服申し立てはできないため、現在の病状で再請求となることを説明してご理解いただきました。

かなり前から不眠や不安な症状は続いていたようですが、現在は休職中で外出もなかなか困難な状態で、ご家族が家事や身の周りの世話をされているとのことでした。

受任から請求までのサポート

病状や日常生活状況を詳しくお聞きすると、解離性障害だけでなく抑うつ状態もかなり重い症状であり休職もされているため、2級以上に該当すると思われました。

不支給となった診断書を拝見すると、実際にお聞きしている症状や日常生活状況よりも、かなり軽く判定されていました。

新たに診断書を依頼するにあたり、ご本人やご家族から日常生活上の支障などをメモで非常に細かく具体的に書いていただき、整理して診断書作成ための参考資料を作成しました。

主治医にご本人やご家族から日常生活の状態を参考資料と併せて伝えていただき、抑うつ症状も強いことを追加で記載していただくことができました。

初診日を特定することや、障害等級に該当するかどうか判断することは、ご本人だけでは難しい場合もありますので、専門家である社労士にご相談いただくことをお勧めします。
当事務所では、出張無料相談も実施していますので、お気軽にご相談ください。

【簡単】1分間無料判定

障害年金は多くの方がもらえる可能性がある年金です!
ここではご自身が障害年金をもらえるかどうか簡単な診断を行えます!

 

 

 

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お住まい (必須)【記入例】埼玉県所沢市、東京都立川市

    1.あなたは20歳以上65歳未満ですか?(必須)
    はいいいえ

    2.傷病名を教えて下さい(必須)

    3.具合の悪さが原因で日常生活や働くことへの支障がありますか?(必須)
    はいいいえ

    4.専門家からの無料個別アドバイスを希望しますか?
    あなたのケースに沿ったアドバイスをします!(必須)

    はいいいえ

    4番にて「はい」とお答えの方はご連絡先をご記入願います

    連絡がつきやすい時間帯を教えて下さい 例:平日18時以降

    メールの設定でドメイン拒否(迷惑メール拒否などのためPCからのメール拒否等)
    してありますと受信が出来ません。【tokorozawa.tama@gmail.com】のドメインが
    受信できるように、メールの指定受信設定の変更をお願いします。

    精神疾患精神疾患・その他の関連記事はこちら